パリの日常

コンシェルジュリーと裁判所

マリーアントワネットが処刑される直前までいた監獄、コンシェルジュリーへ行った。
e0371761_16234856.jpg

e0371761_16234932.jpg

当時使っていた鍵や手錠
e0371761_16234961.jpg

e0371761_16235046.jpg

監獄の中庭にほっと一息するも、脱獄防止のするどい柵に、ここが牢獄であることを思いだす。

マリーアントワネットのすごした独房は、私の思い描いていたそれよりも広く、ベットや机、等身大の鏡など、家具もあり驚いた。
e0371761_16235093.jpg

ここに投獄され、処刑されていった人たちの名前が職業と共にはり出されていた。ものすごい数だった。職業も様々で、作家、貴族、…花屋、パン屋、肉屋までいくと、本当に罪もない人達が大勢つれてこられたのだとわかる。そして貴族は必ずその召使いも一緒に処刑されたという。

コンシェルジュリーを出て、お隣の裁判所へ。
e0371761_16235162.jpg

e0371761_16235178.jpg

広い裁判所。2階に、美しいステンドグラスの床があったのに写真を撮り忘れた…。
[PR]
by fumixparis | 2007-03-19 17:00 | パリの日常

I love Paris, France, Photography, to travel around the world !


by fumixparis