パリの日常

パリでの買い物の注意点

e0371761_07322449.jpg

前回のフランスの"悪"接客つづき
タイトルが"悪"接客って書いちゃったけど
悪っていうほどでもなかったな~って、ちょっと反省。
かーなーりー態度は悪かったけど、誰にでも機嫌が悪い時はあるものね。
ここはフランス、そんな接客にも慣れました。
日本であんな態度で接客してたら、即・クレームだろうけど…

メトロに乗って、カメラ専門店へ

接客担当のイケメンお兄さんは、とっても感じが良い人で
私が欲しいレンズあり、レンズプロテクターもあり
最後にお願いしたレンズフードもレジのモニターを見ながら
「今調べたら店に在庫があるみたいだから、持ってくるね」と優しい。

戸棚の奥から取り出してきた商品の箱をあけて、中身のチェック。
「はい、こちらで間違いないですね?」
確認する私、「はい…ん?いや、ちょっと形が違うんですけど…」
私が欲しかったのはきれいな円形のだったけど
箱から出てきたのは角ばっているレンズフード。これじゃない。

「あーすみません、間違えました」とお兄さん。

化粧品買う時など、よく中身チェックするけど、ほとんどポーズのようなものだと思ってた。
本当に違ってることもあるんだな~、チェックして良かったな~♪と思う私。

あらかじめネットで調べて来た品番を教えてあげた。

お兄さん探してくれたけど
「すみません、やっぱりないみたいで取り寄せになります」
1週間くらいで届くというので、名前や連絡先を伝えて
そのほかの買うものをお会計した。

そんなやり取りをしていたら、ほかの店員さんが
「おい、彼女が買いたいレンズフード、奥で見つけたぞ!」と
私が欲しい品番のレンズフードを持って来てくれた!

(え、ちゃんと探してなかっただけ?)
という私の心の声は置いておいて
「あー良かった、ありがとうございます!」

お兄さんも「良かった!えーっと、取り消しはどうやるんだっけ…」
取り寄せをキャンセルする作業をしていたので
待っている間、なんの気なしに、本当になんとなく箱を開けてみた。

形はあってるけど、黒のレンズフードだった…。
「私が欲しいのはシルバーなんです」とお兄さんに言うと

「黒しかないと思うよ」と即答

出たー!勝手に決めつける。
フランスの店員さんは「あ、もうそれ廃番です」
よく探しもせず「うちには置いてないです」と言う。
イレギュラーが面倒だから言うタイプと、本当に悪気なく言うタイプがいるので要注意。

私も折れずに
「いや、シルバーも売ってるはず!インターネットで見たから」と反論
「箱にもBLKと書いてるから、たぶんシルバーもあるんじゃない?」と聞いたら
「確かにそうだね」とレジのPCで調べてくれて、やっぱりシルバーもあったらしい。

しかも「あ、俺さっきの黒で取り寄せしてたな…。シルバーに変更はどうやるんだっけ?」
とお兄さんが小さい声でブツブツ言ってたの聞き逃さなかったよ、私は。
あぶない、あぶない…。

フランスで何か欲しい時は、こういう事が本当ーによくあるので
欲しいものを自分でしっかり店の中を隅々まで探して、なければ店員に聞いてみて
「ない」とあっさり言われても、他の店員にも聞いてみたり、念の為粘ってみることが大事!
[PR]
by fumixparis | 2013-12-04 08:22 | パリの日常

I love Paris, France, Photography, to travel around the world !


by fumixparis