パリの日常

犬みたいなフランス猫 シャルトリュー

1ヵ月くらい前、お義母さんの飼っている猫を預かってた。

e0371761_16460703.jpg

夫が小さい頃から22年間飼っていた先代のシャム猫"テオ"が数年前に亡くなって
新たに迎えたのが、この写真の"イゴール"
飼い始めた頃は子猫で小さかったけど、もう8ヵ月になってだいぶ大きくなった。

シャルトリューというフランス原産の猫らしく
"「ほほ笑み猫」という異称に加えて、「フランスの宝」「生きたフランスの記念碑」などの代名詞がある"(Wikipediaより)
だって。なんかすごい愛称!
私は全然知らなかった種類なんだけど、日本でも飼っている人はいるみたい。

このシャルトリューの性格は、とにかく臆病!よく言えば、慎重、忍耐強い。
まだ子供っていうのもあるけど、うちに連れてきた初日はずっとベッドの下に隠れたまま出てこなくて
やっと慣れて居間に出てくるようになっても、今までずっと人間のそばに居たのに
私か夫のどちらかが家に帰ってきたら慌ててベッドの下へ飛んで行く。
(しばらくすると出てくる)

そして撫でられるのが大好きで、いつもすぐお腹をみせてゴロゴロ…
私がどこへ行くのもついてくるし、呼べはすぐに飛んでくる。

私は猫を飼ったことがないので「イメージしてた猫像とだいぶ違う…犬みたい!」って思ってしまった。
普通、猫って自由気ままで構われるのがキライなんじゃ…。
調べたら、やっぱり犬みたいって言われることが多いみたいで納得。
最近は「年老いて独り身になったりしたら私も飼おうかな…」って思ってる。

そして今までインコ、カメ、金魚しか飼ったことがない私は
猫がこんなに自由な寝相だとは知らなくてビックリ!
e0371761_16460831.jpg

手をかけたままだったり、寝ぼけて両手を伸ばしたり
ものすごい仰向けだったり(写真切れてるけど足もだらーんと伸びてる)、微妙にセクシーポーズだったり(笑)

猫はまるまって寝るものだと思ってたから面白かった♪
[PR]
by fumixparis | 2014-05-15 00:07 | パリの日常

I love Paris, France, Photography, to travel around the world !


by fumixparis