グレ&フォンテーヌブロー

フランスのお墓参り グレ

去年の話だけど、数年前に亡くなったお義父さんのお墓参りへ行ってきた。
お墓は、フォンテーヌブローにほど近いグレという小さな村にある。

なぜ、そこなのかというと、夫の家族のセカンドハウスがあった村なので
パリから近いので週末やバカンスに来ては、よく親戚たちと集まっていた思い出の場所らしい。

e0371761_16503924.jpg

近所のお花屋さんでお墓用のお花を買った。
フランスは特にコレという花が決まっている訳ではないみたい。

e0371761_16504023.jpg

パリ・リヨン駅から出発。10時~17時の間は電車に自転車を乗せてもOKな時間帯。

e0371761_16504119.jpg

郊外線の電車に乗って30分くらい。

e0371761_16504275.jpg

この駅で降りた。

e0371761_16504328.jpg

降りたら、もうここは立派な(?)田舎。馬もいる。

e0371761_16504452.jpg

ひと気のない道をすすむ~

e0371761_16504521.jpg

トンネルを抜けたら、広大な芝生が

e0371761_16504659.jpg

ここから芝生を出荷しているみたい。

ここから写真ないけど、お墓に着いた。
お義姉ちゃんたちは、毎年フランスのお盆、11月のToussaint(トゥーサン)に
お墓参りに来ているみたいだけど、夫と私はお葬式以来だったので
「お墓どこだっけ…?」とちょっと探した。

私はフランスのお墓参りは初めてなので夫にまかせて見ていたら…

素手でお墓の上の埃?土?をはらって~
ちょっと古くなっているお花をよけて~
私達が持ってきたお花を立ったままぽんっとおいて~
「はい、Ok!」と一言。

って、ええ!?それだけ?!

「お祈りとかなにかしないの?!」って驚いて聞いたら
「うん」
「手を合わせるのとかは日本式かもしれないけど、
でも、せめて心の中で話しかけるとかさ~、しないの?!」
「うん、やらないけど、Fumikoは好きにやっていいよ」
「・・・・・・」

めっちゃ日本式にお参りしてきた。

あっという間にお墓参りが終わったので
近くにあるロッククライミングで有名な自然の岩場に行く事に。

つづきます…
[PR]
by fumixparis | 2015-01-28 09:20 | グレ&フォンテーヌブロー

I love Paris, France, Photography, to travel around the world !


by fumixparis