イタリア

フィレンツェ・シンドローム? ウフィツィ美術館 イタリア旅行2015(17)

フィレンツェ3日目は、朝からウフィツィ美術館へ

いつも混んでいるとの事だったので、美術館の開館と同時くらいに到着
ここもフィレンツェカードの提示で入場できます


メディチ家の紋章



キリスト教に関する美術品や



ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や「春」など
有名な作品ばかり


e0371761_22201904.jpg

この八角形の部屋には、最も貴重な作品が置かれている


e0371761_22203875.jpg

入室は出来ないので、入口から鑑賞


e0371761_22204674.jpg

ピッティ宮殿に住んでいたコジモ1世は、毎日、ヴェッキオ橋を通って
仕事場である、現・ウフィツィ美術館へ通っていた

そして、そのピッティ宮殿から~ヴェッキオ橋の二階部分~ウフィツィ美術館までの道のりに
回廊を作らせ、美術品を並べたという

そんな贅沢な「通勤路」を作らせるなんて
やっぱりメディチ家すごい


e0371761_22201036.jpg

ここでも天井が気になる…
(逆さまだけど)


e0371761_22205453.jpg

フランス語のフィレンツェのガイドブックに
世界の美術品の約20%はフィレンツェにある、と書かれていた

ひとつの都市にそれだけあるって、すごい!

そして、フィレンツェ・シンドロームというのがあるらしい
「あまりにも素晴らしい美術品を一気に鑑賞することでパニックになってしまう
特に芸術に関心のある若い女性がなりやすい」と書いてあった
本当かな?笑

でも、それくらい本当に素晴らしいコレクションばかりだった


[PR]
by fumixparis | 2017-03-03 22:00 | イタリア

I love Paris, France, Photography, to travel around the world !


by fumixparis